化粧品製造販売業許可

化粧品製造販売業許可 · 24日 8月 2020
化粧品を販売するときに、化粧品広告の薬事規制を考える必要があります。 この化粧品広告の薬事規制は難しい要素も絡んできますが、基本的にロジックに基づいています。 ここでは、コスメ薬事法管理者で福岡の行政書士が化粧品薬事規制について説明しています。
化粧品製造販売業許可 · 22日 8月 2020
化粧品製造業者の製造管理及び品質管理が適切に行われているかを化粧品製造販売業者は監査をすることが求められます。 ここでは、どのような項目について監査が必要になるのかを、コスメ薬事法管理者で福岡の行政書士が説明しています。
化粧品製造販売業許可 · 21日 8月 2020
化粧品製造販売業者は、製造管理・品質管理に関する取り決めを、化粧品製造業者と行う必要があります。 この製造業者との取決めは、どのような事項を決めればいいのでしょうか? ここで、コスメ薬事法管理者で福岡の行政書士が、製造業者との取決めについて、説明していきます。
化粧品製造販売業許可 · 29日 7月 2020
化粧品製造販売業許可を取得するときに、薬剤師や化学を専攻した者のみがなれる総括製造販売責任者が必要になります。 ここでは、コスメ薬事法管理者で、福岡の行政書士が、総括製造販売責任者の要件について説明しています。
化粧品製造販売業許可 · 05日 7月 2020
化粧品製造販売業者は、製品ごとに品質標準書をつくることが必要になります。 この品質標準書に何を記載すればよいのかについて、薬事法管理者で、福岡の行政書士が記しています。
化粧品製造販売業許可 · 05日 7月 2020
化粧品の広告は、主に薬機法と景品表示法の規制を受けます。 ここでは、この2つの規制について確認いたしましょう。 コスメ薬事法管理者で、福岡の行政書士が、化粧品薬事広告について必要になることを説明しています。
化粧品製造販売業許可 · 05日 7月 2020
新規で化粧品製造販売業許可を取得するときにどのようなことが必要になるのでしょうか? 必須な要件が、人的要件である総括製造販売責任者の要件です。 化粧品製造販売業許可は、化粧品を市場に出荷するための許可であるために、重い責任が出てきます。 ここで、化粧品製造販売業許可を取得をしようとしている企業様向けに、薬事法管理者で福岡の行政書士が、化粧品製造販売業許可取得に必要な情報を記しています。
化粧品製造販売業許可 · 05日 7月 2020
化粧品製造販売業許可を取得するときに、事業所の品質管理の体制であるGQP(品質管理)とGVP(製造販売後安全管理)を構築することが必要になります。 ここでは、このGQP(品質管理)とGVP(製造販売後安全管理)について、薬事法管理者で福岡の行政書士が記しています。
化粧品製造販売業許可 · 04日 7月 2020
化粧品を市場に出荷する前に、一時的に保管する場合でも、化粧品製造業許可(包装・表示・保管区分)が必要になります。 もし自社の倉庫などがないい場合で、化粧品製造販売業許可を取得するためには、製造業者に市場への出荷判定を委託することが考えられます。 薬事法管理者で福岡の行政書士が、そのために何が必要になるのかを説明しています。
化粧品製造販売業許可 · 04日 7月 2020
化粧品製造販売業許可取得後、化粧品を市場に出荷するときや各種変更があるとき、各都道府県の薬務課に届出をする必要がでてきます。 どのようなときに届出をする必要があるのか、また、届出をするときの注意点は何かを、薬事法管理者で福岡の行政書士がここに説明しています。

さらに表示する