医薬部外品製造販売業許可

肌あれ・にきび予防、美白などの効果をもつ薬用化粧品を取り扱うときに化粧品製造販売業許可だけでは、薬事的に足りません。 このような薬用化粧品を取り扱うには、医薬部外品製造販売業許可まで取得する必要があります。 ここでは、この薬用化粧品を取り扱うための薬事申請について、薬事法管理者で、福岡の行政書士が説明しています。