· 

化粧品製造販売業許可における出荷判定の委託

化粧品事業者の皆様、こんにちは。

薬事法管理者で福岡の行政書士の力丸です。

 

化粧品製造販売業許可を取得するときに、製造業者から送られてくる製品を受け入れる倉庫にも、化粧品製造業許可(包装・表示・保管区分)が必要になることはご存知でしたか?

 

化粧品製造業許可(包装・表示・保管区分)の取得までできないと思われるとき、1つの解決法があります。

 

それは、化粧品の市場への出荷判定を製造業者に委託することです。

 

⑴市場への出荷判定の製造業者への委託について

化粧品の市場への出荷判定を製造業者に委託すると、製造業者から市場出荷判定の記録が送られてきます。

 そして、化粧品製造販売業者はこの記録が品質標準書通りに市場への出荷がされているかを確認します。

 

このことで化粧品製造販売業者の品質保証責任者はかなり作業を省くことができます。

それでは、この市場への出荷判定の委託についての盲点はないのでしょうか?

 

⑵適切な市場への出荷判定がされているかの確認について

製造業者に市場への出荷判定を委託するとき、製造業者の品質管理責任者に相当する従業員が出荷判定を行う必要があります。

 そして、化粧品製造販売業者は、市場への出荷に関する手順について製造業者の監査の時にチェックする必要があります。

 

市場への出荷判定の委託は、化粧品製造販売業者の最大の責務を製造業者に委託することになるために適切に管理しておくことが大切です。

製造業者がここなう品質管理を、製造販売業者が品質保証するという前提があり、どちらにしても市場への出荷責任は背負うことになります。

 

自社に倉庫がない場合や化粧品製造業許可(包装・表示・保管区分)の取得をしたくない場合には、製造業者に出荷判定を委託することにより、化粧品製造販売業許可の取得が可能になることも参考にされるとよいと思います。

 

化粧品製造販売業許可における市場への出荷判定の製造業者への委託について理解は深まりましたか?

 

薬事申請に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

 

プラウト行政書士事務所 力丸(りきまる)

メール:s.rikimaru@prout-law.com

お電話:092-516-7297

HP: https://www.prout-yakuji.com