· 

化粧品製造業許可(包装・表示・保管区分)を新規で取得する方法

化粧品事業者の皆様、こんにちは。

コスメ薬事法管理者で、福岡の行政書士の力丸です。

 

化粧品をつくるとき、さらには包装・表示・保管する時には、化粧品製造業許可(包装・表示・保管区分)が必要になります。

 

これは、化粧品製造販売業許可の市場への出荷判定前の状態で、この化粧品製造業許可(包装・表示・保管)が必要になると考えることができます。

 

なぜなら、化粧品をつくるときや保管するときなどの施設の衛生条件があるためなのです。

 

化粧品製造業許可(包装・表示・保管区分)の要件

化粧品製造業許可(包装・表示・保管区分)では、大きく2つの要件があります。

 

⑴責任技術者

1つ目は責任技術者の配置です。

この責任技術者は、薬剤師や化学を専攻したとみなされた者しかなることができません。

なお、専任技術者は、化粧品製造販売業許可の総括製造販売責任者と同じ場所であれば、兼務が可能です。

 

⑵施設・設備の構造上の要件

2つ目は、先ほどの施設・設備の構造上の要件になります。

これは、化粧品をつくる設備や検査の要件、さらには、保管のための衛生要件となっています。

 こうした施設設備の要件は、薬局等構造設備規則や化粧品GMPを参照して構築していくとよいでしょう。

 

化粧品製造業(包装・表示・保管区分)の取得は、主に化粧品を市場への出荷前の段階で一時的に保管する場合などに必要になります。

化粧品製造販売業許可だけを取得して、市場への出荷までの間一時的に倉庫に保管する場合など、化粧品製造業(包装・表示・保管区分)の取得も必要になる点に注意して、化粧品製造販売業を計画していくことが必要になるのです。 

 

化粧品製造業許可(包装・表示・保管区分)についての理解は深まりましたか?

 

化粧品薬事申請に関するお問い合わせは、今までお願いいたします。

 

プラウト行政書士事務所

お電話:092-516-7297

メール:s.rikimaru@prout-law.com

HP: https://www.prout-yakuji.com